—Profile—

緒方 麻紀 (おがた まき)

声楽家・声楽講師

 

3歳からピアノを、14歳から声楽を学び始める。

 

東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。

卒業時に同声会賞受賞。「同声会新人演奏会」に出演。

 

2014年イタリア、フィレンツェにてJill Feldmanのマスタークラスを受講。

 

2015年TOKYO INTERNATIONAL VOCAL ARTS ACADEMYに参加。

メトロポリタン歌劇場副指揮者等により指導を受ける。

 

第28回国際古楽コンクール〈山梨〉第2位。

 

第61回東京国際芸術協会新人演奏会オーディション合格及び審査員特別賞。

 

東京二期会オペラ研修所修了。

在籍中、「第93回二期会研修所コンサート」に出演。

 

これまでに、ペルゴレージ《奥様女中》セルピーナ、

バッハ:カンタータBWV202《結婚カンタータ》、

パーセル《妖精の女王》、《アーサー王》、

ヴィヴァルディ《ジュスティーノ》、《グリゼルダ》

モーツァルト:モテット《エクスルターテ・ユビラーテ》K.165

のソリストを務める。

 

2019年度より、横浜市鶴見区民文化センターサルビアホールアーティストバンク登録アーティスト。

 

2024年度、横浜市瀬谷区民文化センターあじさいプラザ協力アーティスト。

 

 

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

生まれも育ちも神奈川県横浜市。

 

今も大好きな横浜で暮らしています♪

 

とくに音楽一家で育ったわけではないですが、父も母も音楽が好きで、

 

小学1年生の時にたまたまオペラを観る機会があり、

 

それが、歌を歌いたい、と思う一つのきっかけになりました。

 

ですが、声楽を始めたころは、

 

歌うための『声の出し方』が全く分からず、

 

やればやるほど声が出なくなっていきました。

 

「私に歌は向いていないのかな」と、思ったことも。

 

そんな時に、とあるメソッドと出会い、

 

自分でも驚くような声が出て、

 

歌うことが本当に楽しくなっていきました。

 

声のことでとても悩んでいた私ですが、

 

今では、

 「声量が増えたと周りから言われて嬉しい!」

「声が出るようになったから次はこの曲にチャレンジしたい!」

「なんで今まで思うように声が出なかったのかがよく分かった!」

 

などの生徒様からの嬉しいお声に支えられ、

 

声楽講師の仕事にとてもやりがいを感じています。

 

また、私自身、

極度の緊張しいな気質を持っているので、

 

歌の技術だけではなく、心や体を整えることも大切にしています。

  

生徒さんにどんどん新しい情報を提供できるよう、

 

私自身も楽しみながら

 

勉強を続けています。